Ghetto Schule



息子の通っている学校の評判はすこぶる悪い。息子が学校に通いだす時、近所の親切なおばさんが『あそこの学校だけは避けた方がいい』と忠告してくれたぐらいだ。その理由の一つが,異常に外国人の比率が高いことだ。それもあってか暴力事件や盗難事件、薬物の使用とかの問題がいろいろ起きている。

まず最初に説明しなければならないのは、ここでいう外国人とはスイスの国籍を持たない者(例えば僕)のことではなく,国籍はスイス人でもそのルーツが外国の人のことだ。つまり,A:両親ともにスイス人の子供、B:片方の親がスイス人の子供、C:両親が外国人でスイス国籍の子供 D:スイス以外の国籍の子供。と考えるとBとCとDだ。つまりスイスのパスポートを持っているが,ルーツが外国というスイス人も,外国人とカウントする。Bの場合はその判断が難しいが,僕の息子など外見上ではスイス人とは認識されないだろう。

小学校の時息子のクラスは約20人のなか両親がスイス人の子供は一人しかいなかった。中学校の今のクラスはもう少し多いはずだが,それでも数えるのは片手で充分足りるはずだ。それでも,息子の知っている限りスイスのパスポートを取っていない子供は少ししかいないということだ。つまり、スイス国籍ということであるなら,ほとんどはスイス人の生徒ということになるはずなのだが。

それでは実際に学校の状態はどうなのか?息子の話しでは、休み時間に殴り合いの喧嘩はよくあったそうである。小学校のときは週に1回ぐらい喧嘩があったと僕たちに話していたのだが,中学になって全然聞かなくなったので,尋ねてみるとあまりに頻繁に起こるので気にしなくなったそうだ。また、盗難や器物破損もよく起こり,その度にパトカーがやってきたそうで,犯人特定のため全校生徒の指紋も取られたそうだ。たまたま息子のクラスはその時スポーツの授業で校舎にいなくて息子自身は取られなかったそうだが。

あと,僕が驚いたのは煙草の更生プログラムがあり,申請すると摂取量を減らしていくと言う同意のもと指定の場所で喫煙が許可されているそうだ。つまり隠れて吸うのではなく,公然と喫煙出来るそうだ。もっともそれをしているのは一人だけで,あとの喫煙している生徒は,日本同様隠れて吸っているそうだが。実は,教師は生徒が喫煙している場所を把握しているのだが,問題になるといろいろと面倒なのであえて見て見ぬ振りをしているとのことだ。ジョイントを吸っている生徒も結構いるそうで、煙草を吸っているよりもジョイントを吸っている生徒の方が多いぐらいだ。というのもたくさんの子がジョイントよりもむしろ煙草の方が健康によくないと思っているからだ。また、この前小学校のときの息子のクラスメートが急性アルコール中毒で病院に運び込まれたそうだ。

一方,教師の方もユニークな先生が揃っている.息子の一番のお気に入りの音楽の先生は,スキンヘッドにそり上げていて,両腕には大きな入れ墨が入っている。まあ,スイスではTattooはごく当たり前なのだが,それでも学校の先生でTattooをおおっぴらに見せびらかせているのは珍しいだろう。
息子は授業を受けたことがないのだが,髪の毛を伸ばしていつも薄汚れたTシャツにジャージというヒッピー風の先生もいる。彼は,真冬でも裸足で学校に通ってくるそうだ。夏場にはだしで歩いている人はよく見かけるが,雪の積もる氷点下10°C以下の気温で裸足で歩いている人は僕は他に見たことがない。よくぞそんな人が教師として採用されたものだと感心する。

息子がそんな学校に通っているなんて,「これを歌にしない手はない」とずっと思っていたのだが,あまり息子が乗り気でなかったので,長らくそのままになっていた。昨年学校設立20周年記念のイベントが開かれ,僕と妻も息子の学校に足を運んだのだが、このときの校長先生が「我が校は評判の悪いゲットーの学校では決してありません....。」とスピーチを始めた。その時「Ghetto Schule」という言葉を聞いて,僕の頭の中に光が走った。翌日30分ほどで書き上げたのがビデオの曲である。息子は,ドイツ語の訳を付けるのをかたくなに拒否し,絶対に学校にばれないようにしろと言った。こんなテキストの曲を歌っているのがわかったら先生から文句を言われるとビビっていたのである。
そのくせそのあと息子が自分で作った曲,「Oben auf dem Hügel」の方では僕の曲より過激な歌詞を付けて何度も先生たちの前で歌っているのだが。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kirche Neuenegg

Joshi_Aug_17_2.jpeg
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業



僕の息子もはや15歳となり,この夏で中学校を卒業する。
これからの進路について息子はいろいろ悩んだあげく、結局高校には進まずに木工の資格を取ることに決断した。スイスの場合、中学校が終わったあと,4分の3くらいの子供は何らかの資格を取る道を進んで行く。15歳で自分の将来を決めるなんて、日本ではちょっと考えられないのだが、この国のシステムではそうなっている。そんなわけで,この夏以降は,僕たちの生活にも大きな変化がありそうだ。

息子とは,幼稚園に行く前から音楽を続けてきた。最初は,鍵盤楽器のメロディカから始まり,リコーダー、ハーモニカ、ウクレレ、ギターと進んできた。2人で、あるいは妻を加えて3人で路上を含めホームパーティー、結婚式,コンサートといろんところで演奏してきた。そんな僕の息子に対しての音楽教室の方も,ひとまず「卒業」ということにしようと決心した。息子にそのことを伝えると,少しためらったみたいだが,いちおう納得していたようだ。

息子が生まれて,何を伝えたいか考えた時,「音楽の楽しさ」を伝えることが出来ればと思った。まあ,僕自身がちゃんとした音楽教育を受けたわけではないのだが、自分ではそれなりに目的は果たせたのではないかと思っている。先日ちょうど学校で,自主プロジェクトというう課題があり,息子が選んだテーマが,「自分で曲を作り,全ての楽器を演奏して録音し,その上でその曲のミュージックビデオを作る」と言うものだった。まあ,いつも僕がやっていることなのだが,今回は,僕はノータッチでほぼ一人で完成させた。

曲の出来映えは,僕のオリジナルの二番煎じ的な感じもするのだが,自分の学校についての歌ということもあり、学校の行事のたびに演奏させてもらった。ビデオの方は,学校のホームページにも乗せてもらうそうだ。
僕も何回か息子のステージを見に行ったのだが、なかなかボーカルもギターも様になっていて,それなりにカッコいい。それを見て,なんか自分の役割もひとまず終わったような気がした。

もちろんこれからも息子とは一緒に音楽を演奏して行くわけだが,僕が先生として教えるという関係は、とりあえずひとまず終わらせようと思う。とは言え,いつか彼がフィンガーピッキングのギター,それに尺八や二胡などの民族楽器などに興味を持った時にはまた僕が教えることになりそうなのだが。

実はほんの少し前までは,息子が音楽を続けていくのかどうかすら確信を持てなかった。音楽をはじめた動機自体が本人のものではなく,親の意向であり、彼が気が付いた時には既にギター弾いていて,ほとんどの人から「小さいのに上手いね。」と褒めてもらっていたからだ。もちろん,小さいときはクラスメートの誰よりも音楽が得意で,褒められてばかりなので,本人としては悪い気がするはずもなく,ただ続けてきたようにも思えた。息子自身の意思なのか?あるいは親の希望なのか?確信を持てるまで10年以上かかったわけである。

少し前にようやく自分で初めてのエレキギターも購入し,(今までは僕が用意してしまっていたので)学校のバンドも掛け持ちで3つこなし、音楽の先生からドラムを3年間習い,という姿を見ていて,音楽をしているのは僕の影響ということもないだろうとようやく確信出来たしだいだ。

息子の僕からの卒業であるとともに,僕も子育ての一部からの卒業でもある。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © 2010 - 2017 www.toshi-miyoshi.com All Rights Reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。